'속독법'에 해당되는 글 2건

  1. 2008.08.20 フォーカス・リーディング
  2. 2008.08.19 すごい速読術
book2008.08.20 23:31


・量は質に転化しにくい
・「読んだ後」こそ重要
・知識をしっかりと定着させるために、何度も読み返しながら思索にふける。あるいは自分の現場で実行してみる
・読む本はあなたが主体的に選ばないとだめ
・読んでいる最中、眼はどう動いているのか、意識はどんな状態なのか、それを意識しておく必要がある
・視野を狭めてがんばって読んでも、理解度が高くなるわけではない
・早く読もうが、じっくり読もうが、「がんばる」とダメ
・「この本を読んで何を手に入れたいのか?」というしっかりした目的意識が、確実な成果に結びつく
・得るものが少ない本にダラダラとつきあうな。得るものがゼロでないとしても、「割に合わない」と感じたら、躊躇せずに本を置くこと
・絶対にやってはいけないのは、一冊を最初から最後まで同じように読むこと
・今、この本は何のために読んでいるのか?
・本から何かの知識を得たいのか?
・本を読み解くことに価値があるのか?
・立って仕事をすると仕事への集中力と効率が上がる
・イスの前半分に浅く腰掛け、足を後ろに引きつつ膝をほんの少し下げる
・丹田呼吸
 ①おへその下10センチ程度のところの「臍下丹田」と呼ばれる部分で呼吸するつもりでおこなうこと
 ②空気の流れを感じながら、吸う息、吐く息をコントロールすること
・眼前心後の意味
 ①目の力みを取ります。意識を後ろに置くことで、眼の力みと対象への執着が自然に取り除かれます
 ②自分がどういう見方をし、意識・無意識でどう活字をとらえているのか、冷静に感じ続けます。一瞬の感覚を受け止め続け、その感覚を意識し、調整し続ける前提を作っているわけです
・スキミングのポイントは活字と適切な距離感を保ち、「わかる」あるいは「感じる」レベルで流しつつ、「ここだ!」と思うところで「読む」、「わかる」レベルで内容をとらえていくところにある
 ①トップダウンで読むこと。常に全体の流れ、フォーカスしたテーマとの関係性で言葉を受け止め、頭の中で再構築していくようにします
 ②ギアを適切に替えること。完全にコントロールされたペースと理解度で読み進めます。
・自分はなぜ「読書」をしようと思ったのか、なぜ「その本」を読もうと思ったのか、まずは確認してみましょう
・漠然と読むのと、「こういう情報が欲しい」と思いながら読むのとでは、入ってくる情報料が違う
・15分の下読みでは、スピード優先で流しつつ、徐々に意識と視野をコントロールしていき、入力レベルを適正な状態に保ちます。見出しを中心に「流れ」と「概略」だけをつないでいければよし。ただし、最初の10ページだけは少し丁寧に読んでください。これはトップダウン処理の核になる情報をつかむ必要があるからです。
・続く本ちゃん読みでは、15分で前半の100ページをスキミングでしっかり読むか、スキャニングとスキミングを組み合わせて、読みたいところだけを読むという形で一冊完読するか、どちらか選択します
・”積ん読み”された本を「今月(今週)の本コーナー」に移動させるだけ
・翌月・翌週の行事や仕事の立て込み具合を見て、読む時間帯と本のタイトルをスケジュール帳の中にあらかじめ配分しておけば万全
・ある本をしっかり理解しようと思ったら、最低3回読み直さないとダメ
・大切なのは、本を読んでリストを作ることではなく、本から得た情報を実生活や仕事に役立てること
・もし、メモしなければならないことがあるとしたら、それは本に書いてある言葉ではなく、読み解く過程で自分が考えたこと。あなた自信の意見です
・まず本に線を引きつつ、自分の意見を余白に書き込むこと。そのうえで、そこから何か自分なりの思想や結論が得られたのであれば、その結果をノートに記録しておきましょう
・言葉を仕入れ、文章力を高めるためには「原稿用紙への筆写」
・「高速でたたみかけられる文章構造と意味を一生懸命に理解しようとする」という意識の働きにキモ
신고
Posted by 신라
book2008.08.19 23:05
・早く読むためには目を早く移動するというよりも、次の条件を満たせば良い
 ①一停留点あたりの文字視界範囲をできるだけ拡大する
 ②ページあたりの停留点の数をできるだけ少なくする
 ③停留点から停留点までの移動を早くする
・抽象的な言葉の場合、要、不要の判断をして、現在とりあえず不要であれば、それを飛ばす
・EDS3法
 ーED:「EverydayDream」目を閉じて、将来こうなりたい、こうなったらいいな、と考えてみる
 ー3S:スマイルして顔の筋肉をリラックスさせ、椅子に腰掛ける。こととき、背筋はまっすぐストレートにピント伸ばすが、全身はリラックスしたままでよい。いつもよりややゆっくり深く息を吐いて、ややゆっくり息を吸う。これを、目を閉じて1分間繰り返す。
・呼吸法
 1 丹田呼吸法
   目を軽く閉じる
   鼻から息を吐く 6秒
   止める     6秒
   吸う      6秒
 2 または腹式呼吸法
   吐く      6秒
   吸う      6秒
・極端にいえば、漢字やカタカナだけを読んでいってもおおよその意味が分かる
・急いでいるときは、各段落の第1章だけを読んでも、かなりの確率で要点を得る事ができる
・スキミング
 概観しながら、重要情報や異常変化を見落とさない
・スキャニングは、視線をすばやく移動、走査させ、その全体像をつかみながら、目的の情報を検索すること
・普通の本にスキャニングを応用するコツは、読書目的を明確にすることだ
・スキミングは全体・概観をつかみながら、要点を把握していくのに対して、スキャニングは全体を見るが、他のものには目もくれず、自分の目的のみを検索していく
・「目的の明確化」がスキャニングの最大のコツ
・行の真ん中あたりを左に水平に向かって視線を移動していく。その際、本全体を視野に入れる事が大切
・現在読もうとしている本やそのページは、自分の長い人生によってどのような価値と意味があるのか、その位置づけを考える
・位置づけをしたうえで、自分はその本(ページ)から何を期待しているかを明確にする
・さらに情報の糸を太くするには
 ①マーカーをつける
 ②書き込みをする
 ③アンダーラインをひく
 ④そのテーマについて考える
・読書量と読書時間を明確に設定して効率高める
・生き甲斐をもつと人間は脳内ホルモンを出し、頭も身体全体もすべて活発化していく
신고
Posted by 신라
TAG 속독법

티스토리 툴바